教育課題

教育課題

集団での生活に溶け込むために

「負けの受け入れができない」「こだわりが強い」「切り替えができない」「力加減ができずに困っている」こういった悩みはいまだに多く、日常生活の中で練習をしても改善しにくいことが現状です。

それはなぜなのか—

発達障害を抱える子ども達は「脳を上手く使うことができていないから」です。
では、脳機能を高めるためにはどうしたらいいのか。
ここにアプローチをかけていくことがワンスタットの大きな強みです。

解決策

脳機能にアプローチ

脳には色々な機能がありますが、ここで紹介させていただくのは日常でも特に気になることが大きい部分である「抑制」について。


脳の抑制が低い状態だと、「ぼーっとしてしまう」「気分や感情のコントロールができない」「じっとするべき瞬間に止まることができない」などの問題が発生してしまいます。


ワンスタットでは運動の中で子ども達に様々な制限をかけていきます。
自分にとってやりやすいやり方から変わった時に脳には今までにない刺激が加わります。
そうすることで眠っていた脳機能にアプローチすることができます。


ここで挙げたのは一例です。
多く通うほど、長く通うほど子ども達は大きく伸びていきます。
それだけのプライドを持って私たちは子ども達に関わらせていただきます。
そして私たちは出会える全ての方に寄り添っていきます。
ぜひお子様の成長を私たちにアシストさせてください。